今日のナガジョ

  • 2018年08月30日

二学期がはじまり一週間が経ちました。毎日の授業にもだんだんと慣れてきたでしょうか。本校の授業は「Nagajoメソッド」と呼ばれる体験型学習を取り入れています。ついこの間までさかんに言われていた「アクティブ・ラーニング」と考え方は似ています。ただ、最近はアクティブ・ラーニングとはいわず、「主体的・対話的で深い学び」と呼ぶことが多いように感じます。これは新学習指導要領を受けての流れになりますが…。知識を獲得する学習のあり方から、様々な知識や情報を活用しながら自分の考えを形成したり、新しいアイディアを創造する力を身に付けることが重視されます。
写真は3年生の地理A(フィールドワーク)の授業になります。屋外でのフィールドワークはもちろん、地図・地形図・資料の読み取り、話し合い(グループワーク)、ディスカッション、発表(プレゼン)などアクティブ・ラーニングの手法やファシリテーションの手法を用いて、「主体的・対話的で深い学び」が実践されています。(担当:3学年)

«      »

このページのトップへ