FAQ(よくある質問)

以下は 当校へよく寄せられる質問です。

question どのくらいお金がかかりますか?
answer 平成26年度入学生については次の予定となっています。
○入学時にかかる費用 ¥319,140
(内訳)
1.入学時納入金¥200,000(入学金¥120,000 施設費¥80,000)
2.入学時に購入するもの 計¥119,140
(内訳)制服(夏冬)、制靴、スクールバッグ、教科書、上下ジャージ、ハーフパンツ、ロゴ入りTシャツ、上履き、名札、生徒手帳、ほか希望者はサブバッグ。
○月々に納入する費用(毎月13日)
授業料等¥32,600(内訳)授業料¥21,000、維持費¥10,000、PTA会費¥1,200、生徒会費¥400、
修学旅行積立金¥10,000(2年次末まで)。
○その他 学年費 約¥50,000(年間)
(参考:コート¥21,000(指定))
以上です。なお記載されている金額等に変更がある場合がありますので、予めご了承ください。
question 制服の値段について
answer 平成23年度入学生より制服が新しくなりました。値段は以下の通りです。
冬制服(10月~5月)¥59,425-(税込み/白ブラウス1枚の場合)~ブレザー、スカート、長袖ブラウス、ニットベスト、リボン、黒ハイソックス1組~
夏制服(6月~9月) ¥20,400-(税込み/白ブラウス1枚の場合)~サマースカート、半袖ブラウス~
注:ブラウスは、ホワイトのみ全員購入、ブルー(サックス)、ピンクに関しては任意の購入となります。(長袖ブラウス各¥4,800、半袖ブラウス<白>¥3,500 <サックス・ピンク>¥4,500 その他、スクールバッグ、制靴、コートなども購入します(コートは秋に購入)
 

学校生活に関する質問

部活動について

学費に関する質問

 

授業等に関する質問

土曜特別講座について

修学旅行について

進路に関する質問

このページのトップへ

学校生活に関する質問

question 登下校の時間を教えてください。
answer 登校は8時35分までに、下校は17時30分です。ただし、朝学習に参加する場合と週番の任務がある場合は朝8時15分までに登校することになっています。
question 教室での勉強が不安なのですが、別室で個別に学習することはできますか?
answer いいえ、できません。進級に影響するため教室以外での学習は原則として認めておりません。ホームルーム教室が自分の居場所になります。ただし緊急を要するなどの場合は配慮されることがあります。
question クラス替えがあると聞きましたが。
answer はい、本校では幅広く交友関係が築けるように、またそれによって深く自分を見つめることができるようにと2年次にクラス替えを実施しています。
question 高校生活や対人関係など不安や悩みがたくさんあるのですが。
answer 学習、友人・対人関係、進路など悩みの相談に関しては学級担任はもちろん「生徒相談」のセクションがあり保健(養護)担当教諭があたっていますので、気軽に相談してください。
question 自転車で通学したいのですが
answer

はい、できます。ただし、事前に防犯登録と保険に加入してください。登校後は指定の駐輪場に停めることになっています。

question 携帯電話についての決まりはありますか?
answer 携帯電話の他モバイル機器の所持及び使用は原則自由です。ただし、個人的なメール、LINEなどのやりとりを授業中に行うことは禁止です。緊急の場合に備え、携帯電話の番号等は事前に報告していただきます。
question アルバイトをしてもいいのですか?
answer 家庭の事情により保護者の方の申し出があった場合は特定の業種に限り許可される場合があります。また例えば郵便局における年末年始の年賀状の区分け作業など業者から特別に依頼があった場合などについても許可しています。
question 留学制度はありますか?
answer 本校独自の留学制度はありませんが、長期休業を利用しショートステイに参加する生徒や、1~2年をかけて留学する生徒がいます。その場合は事前指導に時間をかけトラブルに巻き込まれないよう配慮しています。
このページのトップへ

授業等に関する質問

question 入学後はすぐにコース別で学習するのですか?
answer いいえ、入学から1年間はすべてのコースが同じカリキュラム(教育課程)で学習し、2年次から各コースごとに分かれて学習します。ただし、クラス替え後のHR(自分が所属するクラス)はそのままです。

このページのトップへ

question 英語がうまく話せないので、海外への修学旅行が不安です。
answer 大丈夫です。授業や土曜セミナーなどで英会話を学ぶことができますし、旅行直前には本校指定の英会話学校で「ホームステイ直前英会話特別レッスン」を受講することもできます(希望者・有料)。

修学旅行について

question 修学旅行はいつ行くのですか?
answer

3学年の4月に5泊7日の行程で実施しています。今年度(平成26年度)より場所がアメリカ合衆国西海岸(サンフランシス・サンディエゴ)に変更になりました。旅行中、2泊3日のホームステイも行います。昨年度まではカナダのブリティッシュ・コロンビア州にあるバンクーバーやビクトリアへの修学旅行を実施していました。

このページのトップへ

部活動について

question 部活動にはどのようなものがありますか?
answer 運動部では、弓道を始めテニス、卓球、バドミントン、剣道、総合運動などが、文化部では、合唱のほか総合文芸としてダンス、軽音楽、吹奏楽などが頑張っているようです。またインターアクトクラブは各種ボランティア活動、海外研修への参加のほか、昨年度はUNIQLO「服のチカラプロジェクト」にも参加しました。なお、今年度(平成26年度)よりゴルフ同好会が発足しました。
このページのトップへ

土曜セミナーについて

question 土曜セミナーについて教えてください。
answer 土曜日は「土曜セミナー」を開講しており、登校日です。第2土曜日を除く9時~11時まで開講されます。期間は前期後期の二期制です(前期が4月~9月、後期は10月~3月)。
question 土曜セミナーはクラブ活動とは別に活動できるのですか?
answer はい、できます。土曜セミナーは9時から11時までです。それ以降は部活動や委員会活動の時間に充てられています。
このページのトップへ

進路に関する質問

question 希望する進路先(大学や専門学校など)の資料などはありますか?
answer はい、あります。パンフレットなどの資料は自由に閲覧することができます。
question 高校卒業後の進路はどうなっていますか?
answer 具体的な進路先についてはパンフレットなどの「進路状況」のページをご覧下さい。進学先は4年制大学から短期大学、専門学校など多岐にわたります。姉妹校である長野女子短期大学にも多くの生徒が進学しています。就職希望の生徒はここ数年減少傾向にあります。
question 短期大学もあるのですか?
answer はい、あります。長野女子短期大学が姉妹校です。生活科学科として「食物栄養専攻」と「生活福祉専攻」の2つのコースを有し、専門知識を得るための研究・学問を学ぶことができます。また「食物栄養専攻」では栄養士の資格取得やフードスペシャリスト・健康管理士一般指導員などの認定試験などが受験でき、「生活福祉専攻」では国家資格である介護福祉士の受験資格を始め、中高老年期運動指導士や介護予防運動スペシャリストなどの認定資格を得ることができます。
このページのトップへ

学費に関する質問

question 就学支援金制度について教えてください。
answer 私立高校は「就学支援金制度」の導入により、授業料が軽減されています。本校の学費は平成26年度の場合¥32,600ですが(このうち授業料は月額¥21,000)、就学支援金制度により、¥22,700、¥17,750、¥12,800のいずかに軽減されます。詳しくは学校事務局(TEL:026-241-6800)までお問合せください。

さらにご質問がある方は、下記お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

お問い合わせフォームはこちら

このページのトップへ