アメリカ修学旅行

 本校の修学旅行はアメリカ西海岸、カリフォルニア州ロサンゼルスにて行います。アメリカの文化や諸産業について学ぶとともに、オレンジカウンティでのホームステイを通して異文化コミュニケーションをはかります。今年度(平成29年度)は4月20日(木)~26日(水)にかけて実施します。旅行中は現地から写真及びレポートをリアルタイムでアップします。ぜひ、こちらをご覧ください。

修学旅行記 vol.32 (日本16:00)LAX~解散式

CIMG2072 DSC04202

DSC04200 DSC04211

DSC04218 CIMG2100

 空港は国際的に英字3文字で表されます。ロサンゼルス空港は「LAX」、羽田空港は「HND」となります。よって旅行隊はLAX⇔HNDのフライトとなりました。行きは10時間程度、帰りは12時間程度かかります。これには偏西風が関係しています。一年中、西から東に吹いている風になります。日本(西)からアメリカ(東)へは、いわば追い風になり、その逆は向かい風になります。
 なぜ西から東へ風が吹いているのかは事後学習で扱いたいと思いますが、例えば、天気も西日本から東日本へ移っていくのはそのためです。
 さて、長いフライトを終え、羽田空港に到着した一行は、バスに乗り東部湯の丸PAにて途中下車の生徒とお別れをしました。時間通り20:00には長野駅東口に到着し、解散式を行いました。
 小雨の降るなか、遅い時間帯にもかかわらずお迎えに来てくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。生徒たちのほっとしたような顔が忘れられません。

矢印

修学旅行記 vol.31 (日本16:00)ただいま日本

DSC04208全員無事、羽田空港に到着しました。これより、長野へ向かいます。
高坂PAにて到着予定時刻を保護者の皆様にオクレンジャーで連絡いたします。
また生徒の皆さんからも連絡がいくと思います。
よろしくお願いいます。

矢印

修学旅行記 vol.30 (LA09:00日本01:00)さよならLA

 ホテルを出た一行はLAX(ロサンゼルス空港)に戻ってきました。LAとのお別れの時間が迫ってきました。チェックインを終え、これから出国審査となります。疲れもピークのようですが、こういうときに気を引き締め直せるかどうか、皆さんの真価が問われます。集中していきましょう。
 只今、10:55分発のDL007便が30分程度遅れており、11:25分のテイクオフを予定しています。しばらくブログの更新ができなくなります。ではまた、日本で。

DSC04193 DSC04197

CIMG2050 CIMG2058

CIMG2062 CIMG2059

 

矢印

修学旅行記 vol.29 6日目

おはようございます。LA最後の朝です。
この大味な朝食を食べられなくなると思うと、悲しいやら嬉しいやら。
07:30にはホテルを経ち、ロサンゼルス空港に向かいます。

DSC04185 DSC04184

DSC04182 DSC04187

DSC04180 DSC04186

 

矢印

修学旅行記 vol.28 LA最後の夜

 LAでの行程をほぼ終え、あとは帰国の途に着くのみです。ただし、明日の出発はいつもより一時間早く、ロサンゼルス空港での出国審査は決してあなどれません。現在、生徒の皆さんは荷造りに追われています。預け入れる荷物の重量(23kg)に気を遣いながら、準備に追われています。
 ただ、LA最後の夜を「疲れた」「眠い」で終わらせてはもったいない。この修学旅行で自分が成長できたと思うことや、感動したこと、帰って家族に伝えたいエピソードなどを考えながら眠りについてほしいと思います。

DSC04178 DSC04175

 写真はホテルの部屋の様子です。リゾートホテルに2人1部屋です。生徒の皆さん、昨日も言いましたけど、決してあたりまえと思ってはいけんませんよ。海外旅行は何よりも「安全第一」です。それ相応のホテルでないと危険です。毎度、修学旅行でお世話になっているラディソンホテルはUSC、大学のホテルにつき、セキュリティや治安に全く問題はありません。しかも、運の良いことにホテルのマネージャーは日本人です。アクセスも大変良く、このようなホテルに出会えたことは幸運でした。ただし、これが海外におけるホテルのスタンダードではないことも忘れないようにしてください。

矢印
1 / 712345...最後 »
このページのトップへ